​福岡県機能性表示食品支援制度(相談窓口、目利き調査、届出支援)の流れ

※申し込み状況によりお待ちいただくことがあります。

※SR、臨床試験の期間と費用については、目安となっております。外部委託機関へお問い合わせください。

​ 外部委託機関をご存じで無い場合には久留米リサーチ・パークへお問い合わせください。

機能性表示食品届出に向けた各種支援制度のご案内
機能性表示食品開発相談窓口
★初めての方はここから
無 料
(2回まで)

★専門家の個別アドバイスを受けられます

内容

機能性表示食品の届出に向けた専門的な相談

実施日時

受付後、日程調整します。(相談実施1時間程度/回)

相談料

​2回目まで無料(2回目以降はご相談ください)

「機能性表示食品」目利き調査
無 料

★機能性表示食品の届出に必要な「臨床試験または研究レビュー」の目利き調査を九州大学大学院農学研究院が行い、結果を報告します

対象企業

・開発相談窓口利用企業

・消費者庁へ届出計画(研究レビュー:1年以内、臨床試験:2年以内)企業等

調査料

無料

調査内容

​届出の可否に関する情報(作用機序に関する考察等、根拠となる論文情報、機能性に関する情報等)

機能性表示食品届出に向けた研究会
無 料

★消費者庁のガイドラインを体系的に学べます

★OJT方式で届出書類を埋め(一般的例示成分で)、講師から解説、助言を受けられます

​★具体的個別案件の質問を受けられます

対象企業

研究会に全回出席し、必ず消費者庁へ届け出る相談窓口及び目利き調査利用企業

内容

・機能性表示食品制度と届出ガイドライン

・安全性の根拠、生産・製造及び品質の管理

・機能性の根拠(臨床試験、研究レビュー)

・健康被害の情報収集体制、表示内容

​・正しい届出に向けた傾向と対策

機能性表示食品届出支援(届出資料全体の第三者的チェック)
有 料

★専門家から届出資料全体について第三者的チェックを受けられます

対象企業

開発相談窓口及び目利き調査利用企業

内容

・機能性の根拠資料(研究レビュー、臨床試験)、安全性根拠資料の科学的レベルの確認

・届出ガイドラインや各種通知内容からの逸脱

・消費者庁から疑義情報問題視されるような誤りの有無など

企業負担額

50,000円(税別)

無 料
研究レビュー(システマテックレビュー)の提供
無 料

★「研究レビュー」を当推進会議にて作成しました。

 作成した研究レビューは、県内企業に限り、無償で提供しています。

 

​★無償提供中の研究レビュー

※ 既に、上記の「研究レビュー(大豆イソフラボン)」を用いた機能性表示食品が2件、「研究レビュー(アンセリン、カルノシン)」を用いた機能性表示食品1件が消費者庁から公表されています。

相談窓口等専門家

有限会社 健康栄養評価センター

代表取締役 柿野 賢一

・相談窓口、研究会、届出支援(届出資料の第三者的チェック)の専門家

・機能性表示食品のサポート実績(公的講演等)多数

​・ナチュラルメディシン・データベース研究会コーディネーター

目利き調査実施者

九州大学大学院農学研究院

森林圏環境資源科学研究室

准教授 清水 邦義

 

・天然素材の機能性(食品、生薬、創薬、アロマ、コスメ、トイレタリー、居住空間(木やイグサなど)に関する研究

・平成26年度日本木材学会賞受賞 etc

PAGE TOP

プロジェクトについて
事業の紹介
入会・会員情報
アクセス・お問い合わせ
福岡県バイオ産業拠点推進会議
〒839-0864 福岡県久留米市百年公園1-1 (株)久留米リサーチ・パーク
Tel:0942-37-6124 Fax:0942-37-6367

Copyright © 2018 福岡県バイオ産業拠点推進会議 All Rights Reserved.