NEWS

第104回バイオ研究・ビジネス最前線
講演会「再生医療等製品開発の現状と課題」~テムセルの開発から考える~ のご案内

 今回は再生医療について、RM開発アドバイザー代表の毛利善一氏にご講演いただきます。同氏はJCRファーマ株式会社にて間葉系幹細胞を用いた再生医療製品テムセルの臨床開発を主導されました。現在は、神戸医療産業都市スーパーバイザー、日本再生医療学会製品開発アドバイザーにも就かれています。

この機会に奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

         

開催日時:2021年1月28日(木)14:00~15:30

     

開催方法: ZOOMによるオンライン

 

講  師: RM開発アドバイザー代表 毛利善一氏

内  容:

 再生医療は、iPS細胞や種々の細胞・組織を利用した、既存技術では治療困難な根本治療に路を拓くものとして大きな期待を集めている。2014年11月には規制改革も行われ、ヒト間葉系幹細胞製品「テムセルHS注」他3製品が製造販売承認を取得し、再生医療等製品産業化の機運が高まってきていることもあり、アカデミアも含めた研究開発が活発に行われている。しかしながら、生きた細胞からなる製品の有効性と安全性の評価は、従来の医療製品の臨床統計学的評価方法の単純な適用だけでは困難なことも多く、製造工程での品質管理と連動した細胞製品の特性に応じた開発が重要と考えられる。

 本セミナーでは、「テムセル」の開発経験を基に、細胞製品開発の現状と課題について、解説します。

 

定員・参加費:30名・無料

 

お問い合わせ先:㈱久留米リサーチ・パーク (担当:本多、安松)

        TEL:0942-37-6124 FAX:0942-37-6367

        E-mail:fbv@krp.ktarn.or.jp  

 

*お申し込み、詳細はこちらの開催案内をダウンロードしてご確認ください。

*お申し込み方法は、ダウンロードの参加申込書をFAXしていただくか、又は下記フォームよりお申し込みできます。

*お申し込みの後に、オンラインの参加案内をお送りします。

*通信料は参加者のご負担になります。本講演会の録画、録音、発表資料の複製等はお控え下さい。

第104回バイオ研究・ビジネス最前線
講演会「再生医療等製品開発の現状と課題」
~テムセルの開発から考える~
​参加申込フォーム

PAGE TOP