生鮮肉類で初の機能性表示食品!
農事組合法人福栄組合の『はかた地どり(胸肉)』

福岡県バイオ産業拠点推進会議では、平成28年より福岡県銘柄鳥「はかた地どり」の高機能化に向けた研究開発と機能性表示食品届出に向けて様々な支援を行ってきました。

今回、『はかた地どり(胸肉)』が生鮮肉類として初めて、機能性表示食品として消費者庁から公表されました。

機能性関与成分はアンセリンとカルノシンです。

アンセリンとカルノシンには、加齢により衰えがちな認知機能の一部である個人が経験した比較的新しい出来事に関する記憶をサポートする機能が報告されています。

機能性表示食品の届出は、当推進会議で作成した「研究レビュー(アンセリン、カルノシン)」により行いました。

PAGE TOP

プロジェクトについて
事業の紹介
入会・会員情報
アクセス・お問い合わせ
福岡県バイオ産業拠点推進会議
〒839-0864 福岡県久留米市百年公園1-1 (株)久留米リサーチ・パーク
Tel:0942-37-6124 Fax:0942-37-6367

Copyright © 2018 福岡県バイオ産業拠点推進会議 All Rights Reserved.