久留米大学-理化学研究所小児疾患共同研究室開設記念講演会
(第89回バイオ研究・ビジネス最前線)
(福岡バイオバレープロジェクト-理化学研究所 健康・医療データプラットフォーム形成事業)
「ビタミンD代謝の大切さと小児の発育・発達」の開催について(ご案内)

8月1日、久留米大学と理化学研究所(以下、「理研」)は、久留米大学旭町キャンパスに、「久留米大学-理化学研究所小児疾患共同研究室」を開設しました。

 本共同研究室では、福岡県・久留米市が推進する「福岡バイオバレープロジェクト(事務局:㈱久留

米リサーチ・パーク)」と、理研が推進する「健康・医療データプラットフォーム形成事業」から研究費

の交付を受け、小児のビタミンD代謝異常メカニズムの解明のための共同研究を実施します。

(※詳細はこちらをご覧ください。)

 ビタミンDは、骨の形成にとって非常に重要な栄養素です。

 ビタミンDは食品に含まれるほか体内でも生成されますが、摂取する量が少なかったり、体内での生成が上手くいかないと(代謝異常)、くる病やO脚、骨の変形などの成長障害を起こします。近年、食習慣の変化や紫外線を極端に避ける生活スタイルなどから、くる病が増えているという報告があります。

 

 そこで、妊活中の方・妊婦さん・育児中の方、保健師・保育士さん、食品・医薬品関連企業の方などを対象に、子どもの発育・発達にとって大切なビタミンDについての講演会を開催します。この機会に奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

 

【開催日時】  平成30年9月20日(木)14:00~15:15(受付13:15~)

 

【開催場所】  久留米シティプラザ 中会議室

         〒830-0031 久留米市六ツ門町8-1 TEL:0942-36-3000

 

【講 演 者】   ◇理化学研究所     ユニットリーダー  小西 行郎  氏

          ◇久留米大学医学部小児科学講座 主任教授  山下 裕史朗 氏

          ◇久留米大学医学部小児科学講座 講  師  八ツ賀 秀一 氏

 

【定員・参加費】 100名(要申込)・無料

 

【託  児】  有(要申込、無料)

 

*お問い合わせ先:㈱久留米リサーチ・パーク(担当:一木、西原)

         TEL:0942-37-6124 FAX:0942-37-6367 E-mail:fbv@krp.ktarn.or.jp

 

 

*詳細はこちらをご確認ください。(クリックでPDFデータを表示します)

20180815-02.jpg
20180815-03.jpg

*お申し込みは、チラシの参加申込書にご記入の上、郵送またはFAXいただくか、下記フォームよりお願いします。

PAGE TOP

プロジェクトについて
事業の紹介
入会・会員情報
アクセス・お問い合わせ
福岡県バイオ産業拠点推進会議
〒839-0864 福岡県久留米市百年公園1-1 (株)久留米リサーチ・パーク
Tel:0942-37-6124 Fax:0942-37-6367

Copyright © 2018 福岡県バイオ産業拠点推進会議 All Rights Reserved.