『久留⽶⼤学-理化学研究所⼩児疾患共同研究室』開設を久留米大学 ⼭下教授らが久留⽶市⻑に報告

2018年8⽉1⽇、学校法⼈久留⽶⼤学と国⽴研究開発法⼈理化学研究所(以下「理研」)は、久留米大学旭町キャンパス及び福岡バイオインキュベーションセンター(F-BIC)内に、『久留⽶⼤学-理化学研究所⼩児疾患共同研究室』を開設しました。

これに伴い、9⽉12⽇(水)、久留米大学医学部⼩児科学講座 ⼭下 裕史朗主任教授と⼋ツ賀秀⼀講師が⼤久保市⻑を表敬訪問し、「⼩児のビタミンDの代謝異常メカニズムの解明」に向けた共同研究内容などについて報告を⾏いました。

(左から)⼤久保市⻑、⼭下主任教授、⼋ツ賀講師

本共同研究は、当推進会議(事務局:(株)久留⽶リサーチ・パーク)が推進する「福岡バイオバレープロジェクト」と、理研が進める「健康・医療データプラットフォーム形成事業」の⼀環として実施されるものです。

(※詳細はこちらをご覧ください。

 

⼭下主任教授と⼋ツ賀講師から共同研究室開設の経緯、研究内容の説明とともに、「まだ明らかにされていないことも多いが、将来的には研究成果を⾷品や薬品の開発につなげ、久留⽶市の活性化になれば」と抱負が述べられました。

 

大久保市⻑は「全国的にも著名な久留⽶⼤学医学部と最先端の技術を持つ理化学研究所との共同研究室が久留米市に開設され、非常に嬉しい。1つの新しい財産だ。久留⽶市ではバイオ・医療に⼒を入れており、市としても後押ししていきたい。市⺠も⼤いに期待していると思う。」と期待を述べられました。

9⽉20⽇(⽊)には、共同研究室開設記念講演会「ビタミン代謝の⼤切さと⼩児の発育・発達」(第89回バイオ研究・ビジネス最前線)が久留⽶シティプラザにて開催されます。

 

(※詳細はこちらをご覧ください。

PAGE TOP

プロジェクトについて
事業の紹介
入会・会員情報
アクセス・お問い合わせ
福岡県バイオ産業拠点推進会議
〒839-0864 福岡県久留米市百年公園1-1 (株)久留米リサーチ・パーク
Tel:0942-37-6124 Fax:0942-37-6367

Copyright © 2018 福岡県バイオ産業拠点推進会議 All Rights Reserved.